読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

権威医療、権威医学、権威栄養学を斬る!

タイトル通り、権威の標榜する偽物の医療、医学、栄養学を糾弾するブログである。権威主義者には耐えがたい内容なので、お引き取り願うしかないだろう。

徹底した糖質制限と超高濃度ビタミンC点滴治療で癌を封じ込める!

癌細胞は、

通常、過剰な糖質の摂取により、

臓器の上皮細胞で、

「嫌気的解糖作用の亢進」で育まれる。

 

癌細胞が派手に増殖を行っている時は、

癌細胞における

ブドウ糖の取り込みが亢進している。

 

逆に言えば、

癌細胞へのブドウ糖の取り込みを遮断すれば、

癌細胞の増殖はおのずと抑制される。

 

癌はまったくもって皮肉であるが、

現代人の過剰な糖質摂取に対する

ヒトの生体防御の為のひとつの回答でもある。

 

ようするに、

我々ヒトが、

経口摂取してはいけないもの(糖質)を

過剰に摂取する為に、

そのブドウ糖を体内で亡きものにする為の

防御反応でもある。

 

そもそも、

我々の生体で、

実際に「ブドウ糖」として

機能している「ブドウ糖」の量は、

50キロ体重のヒトで、

血液中で4グラム、間質液中でも4グラム程度で

合計8グラム程度である。

 

他に糖質として保存されているものは、

ブドウ糖は皆無。

ブドウ糖の形ではなく

グリコーゲンとして貯蔵されている糖質は、

肝臓で100グラム、筋肉中で300グラム程度である。

 

結局は、生体は、

ブドウ糖を貯蔵して代謝することが出来ないのである。

 

この理由はブドウ糖は浸透圧が高いことに関連していると

思われますが、

この件に関しては別の機会に書きましょう。

 

 

これはヒトだけではなく、

ブドウ糖を主食のように摂取しまくる

原核生物においても、同じことが言えます。

 

その原核生物においても、

ブドウ糖は体内貯蔵できないし、

彼ら、

原核生物においても

ブドウ糖を取り込み摂取後

すぐさまブドウ糖は解糖系で代謝させて

亡きものにし、

乳酸にして吐き出している。

 

さて、

 

権威医療の癌治療王道は、

外科手術、抗がん剤放射線治療

という癌三大治療と言われるものであるが、

 

もし、万が一、癌になった人がいたら、

徹底した「糖質制限」と

「超高濃度ビタミンC点滴治療」をお薦めする。

 

徹底した糖質制限

行うと、

癌細胞増殖のエネルギーであるブドウ糖の供給を

抑制できる可能性があり、

そうすることで、

癌細胞の増殖が抑制可能になる。

 

さらに、徹底した糖質制限を行うことで、

ブドウ糖に対し飢餓状態になった癌細胞は、

ブドウ糖に飢えまくり、

さらに弱体化し、

青色吐息になる。

 

そんな時に

超高濃度のビタミンCを

経口ではなく、

点滴で投与すると、

 

癌細胞はブドウ糖と瓜二つのビタミンCを

ブドウ糖と見間違えて積極的に取り込む。

 

そうすると癌細胞に

取り込まれたビタミンCが

過酸化水素を用い、

癌に攻撃を仕掛ける。

 

そして破壊する。

 

その、 

超高濃度ビタミンCは、

正常細胞においては、

過酸化水素を無毒化する酵素(カタラーゼ)が機能し、

無害である。

 

癌細胞だけに効果を発揮する

すぐれものなのである。

 

抗がん剤のように、

正常細胞にその悪しき効果をもたらすものではなく、

癌細胞そのものに、

ピンポイントで攻撃できる

副作用の少ない癌治療の方法です。

 

 

皆さんも、

もし万が一癌になった時には、

参考にしていただきたい治療法ですね。

 

f:id:hinapeepapy:20170111111332j:plain