読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

権威医療、権威医学、権威栄養学を斬る!

タイトル通り、権威の標榜する偽物の医療、医学、栄養学を糾弾するブログである。権威主義者には耐えがたい内容なので、お引き取り願うしかないだろう。

「ケトン体は人類を救う」産婦人科医である宗田先生の名著を紹介する!

産婦人科医の宗田先生が書いた

「ケトン体が人類を救う」は、

名著である。

 

既に上梓されて1年を経過しているが、

色あせることなく、

さらなる輝きを増している。

 

ネタバレになって恐縮だが、

重要な点は以下の点である。

 

①妊婦は糖質制限をしていなくても

 高ケトンである。

 

②胎児は、血糖値35を保持し、

 高ケトンで母体内で成長している。

 

③新生児も、血糖値が35を保持し、

 高ケトンで成長している。

 

④妊娠糖尿病は、インスリンが効かない。

 妊娠糖尿病を解決するのは、

 徹底した糖質制限だけである。

 

⑤なぜ、妊娠糖尿病の妊婦は、

 インスリンが効かなくなるのか?

 ブドウ糖を欲していないからである。

 逆を言えば、

 妊婦は糖質制限を行い、

 高ケトンにしなければならないのである。

 

⑥なぜ、妊婦がブドウ糖を欲せず、

 高ケトンをめざしているのか?

 胎児が、ブドウ糖を欲せず、

 高ケトンを欲しているからである。

 

上記、①~⑥で、

妊婦、胎児、新生児、そして人間は、

どうあるべきか?

 

それが導きだされるハズである。

 

上記①~⑥の事実を踏まえても、

人間がどうあるべきか?

を洞察できないとしたら、

相当鈍感な人間であろう。

 

 

最後に宗田先生の著書では

触れていないが、

 

私の説を書いて

本日の記事を終わりにする。

 

妊婦の「つわり」の正体は、

妊婦自身、

そして胎児に、

必要のない有害な

ブドウ糖」を供給させないために

糖質を排除する為の

生体反応であることが

これでわかる。

 

胎児は決して、

高血糖・高インスリンであってはならないのである。

妊婦も決して、

高血糖・高インスリンになってはならないのである。

 

胎児も妊婦も

低糖質・低インスリンでなければならないのである。

 

高糖質・高インスリンが、

つわり、妊娠糖尿病、

巨大児、奇形児、先天性の疾患、

難病、難産を引き起こすのである。

 

さて、高血糖・高インスリンの

悪しき弊害については次回に書こう。